TOP > 調査研究分野 > 政策課題環境基礎調査

政策課題環境基礎調査

多様な政策分野・テーマの課題に対応

わが国は、グローバルな環境・経済危機に加えて、東日本大震災を契機として大きな転機に迎えています。あらゆる政策分野・テーマにおいて、新たな環境に対応した将来像やそこに至る政策シナリオの見直しが迫られています。政策の立案にあたっては、政策課題の背景や原因はもちろん、利害関係者の見解、当面の施策のプラス効果だけでなく、長期的な視点で社会環境に対するマイナスの影響等も検討することが不可欠です。
ノルドは、多様な政策分野・テーマの課題に対応して、その課題をとりまく環境を総合的に調査し、その問題の原因・構造・動向、それにかかわる利害関係者の認知や見解の違いなどを把握し、長期的な視点での社会環境影響を含めて評価し、適切な施策の方向性を示します。

多様な調査手法で問題構造を把握

政策課題をとりまく環境を把握する手法は、政策分野・テーマによって異なりますが、一般的には次のような手法をベースにし、テーマや問題状況によって最適な調査手法を適用・開発します。

新規 Div タグの内容がここに入ります
  • 1. 文献資料調査・デスクリサーチ(ネット情報調査を含む)
  • 2. 関係者ヒアリング、専門家・有識者ヒアリング
  • 3. 報道状況分析、メディアヒアリング
  • 4. 国民・住民アンケート、企業・団体アンケート(定量調査)
  • 5. 国民・住民インタビュー、企業・団体ヒアリング(定性調査)
  • 6. 現地調査、先行地域調査、先進事例調査(海外調査含む)
  • 7. 委員会、ワークショップ、ラウンドテーブル
  • 8. ネットリスニング、各種ネット調査
  • 9. 施策効果シミュレーション、シナリオライティング
  • 10. デルファイ調査

※実際に使用する手法、作業内容は目的、予算、スケジュール等によって柔軟にカスタマイズし、効率的かつ最適なご提案をいたします。

政策課題環境調査の概要フロー

img_Science&technology.jpg

問い合わせ

類似実績、コスト等、お気軽にお問い合わせください。問い合わせの秘密は厳守いたします。

お問い合わせはこちらから

調査研究分野

ページトップへ