TOP > 調査研究分野 > 受託研究サービス

受託研究サービス

人文・社会科学/経営科学に関する受託研究サービス

ノルド社会環境研究所は、経済学、経営学、法学、社会学、人類学などを専門とする研究員を擁しており、企業、行政機関、自治体研究機関、各種団体などからの委託により、人文・社会科学/経営科学に関連する研究を実施、支援いたします。 必要に応じて、外部の大学・研究機関の学者、各種職業専門家との連携、または監修によって研究を遂行することも可能です。

公共部門における政策課題に関する研究のほか、企業経営における将来的・中長期的な検討課題や、業界全体としての検討課題、自然科学・科学技術分野の社会文化的・倫理的側面に関する課題など、幅広く対応いたします。
設定された研究テーマ・課題や、委託元機関・企業の問題意識に応じ、適切な調査手法と専門的知見を組み合わせて、高いレベルの研究成果をご提供いたします。

研究領域キーワード(例)

(環境、資源、社会経済)
環境政策、地域環境政策、環境経済、環境法、環境社会学、環境人類学
エネルギー政策、食糧政策、自然エネルギー
持続可能な開発、汚染者負担原則、予防的アプローチ
循環型社会形成、廃棄物・リサイクル政策、有害廃棄物の越境移動、化学物質管理、PRTR
貿易と環境、多国間環境協定(MEAs)による貿易措置
地球温暖化防止、気候変動枠組条約と京都議定書、排出権取引、ポスト京都議定書
生物多様性の保全・持続可能な利用、遺伝資源アクセスと利益配分・知的財産権、先住民・地域社会の伝統的知識の保護、カルタヘナ法、海洋環境保護、森林資源保護
文化的多様性、景観・文化の保全と利活用、里地・里山・棚田などの保全・利活用、世界遺産、自然遺産
観光政策、観光計画、グリーンツーリズム、エコツーリズム
フォークロアの保護、伝統的技術・工芸・意匠の保護と利活用、文化政策、文化財産マネジメント
持続可能な都市政策・まちづくり政策、マルチモーダル施策・計画、路面電車・LRT
少子化対策、高齢化対策、育児支援政策
開発経済論、日本経済史
(国土計画、地域経営)
地域経済、資源循環型地域経営
自治体の環境マネジメント
農村計画、農林漁業振興策
地域資源マネジメント
地域ブランド振興
(科学技術)
科学技術政策、科学技術社会論(STS)、科学と政策
科学技術における倫理的配慮、技術者倫理
原子力政策、原子力行政、原子力安全規制、放射線防護、原子力国際協力、保障措置、核不拡散、核燃料サイクル
ライフサイエンス・バイオテクノロジーと安全・倫理
リスクコミュニケーション、科学技術コミュニケーション
(現代社会、文化、消費者・生活者)
現代社会とIT/ICT、インターネット
現代社会と生活者、生活文化、経験経済、生活者・ビジネスマンの民族誌・民俗誌(エスノグラフィ)、生活史(ライフヒストリー)、文化人類学、カルチュラルスタディーズ
テレビゲーム、オンラインゲーム、サブカルチャー論
(企業経営、マーケティング)
企業の社会的責任(CSR)経営、企業倫理、コンプライアンス(倫理法令遵守)
環境経営、環境マネジメントシステム
企業と福祉、育児支援
情報セキュリティ・マネジメント、個人情報保護
組織行動論、組織戦略、インテリジェンス経営、ナレッジマネジメント、経営情報
内部統制、管理会計、決裁権限基準、
設備投資、投資採算性フィージビリティスタディ
コーポレートカルチャー(企業文化)、コーポレートゲノム、コーポレートアイデンティティ、経営人類学
経験価値マネジメント(CEM)、経験価値マーケティング
中小企業経営、中小企業の環境マネジメント
(法律)
法と社会、法社会学、法政策、制度設計、法の経済分析、法人類学
環境法、国際環境法、原子力法、景観法
企業法、経済法、知的財産権法、情報法、消費者法、家族法、刑事政策、被害者学、ADR
(その他)
統計解析、モデル分析、シミュレーション

主要受託研究実績

  • 環境経営の有効性に関する研究
  • 高レベル放射性廃棄物のリスクコミュニケーションに関する研究
  • 生物多様性条約と先住民・地域社会の権利配慮に関する研究
  • CSRに関する企業評価研究

問い合わせ

類似実績、コスト等、お気軽にお問い合わせください。問い合わせの秘密は厳守いたします。

お問い合わせはこちらから

調査研究分野

ページトップへ